契約の電子化が招く意外な落とし穴とは?電子契約サービス選びで考えておくべき「鉄則」は │ 日本経済新聞 電子版特集

ハンコ文化が根づいている日本に電子契約はなじみにくいといわれていたが、その状況が大きく変化した。新型コロナウイルス禍で、多くの企業が契約の電子化に踏み切りつつあるからだ。確かに、電子契約には、業務の省力化や締結までの時間短縮といった数多くのメリットが期待できる。しかしその半面、意外な「落とし穴」にはまるケースもでてきているという。電子契約で顕在化する新たな課題を回避し、そのメリットを最大化するにはどうすればよいのか。ここでは、サービス選択のポイントを考えてみたい。
— 読み進める ps.nikkei.com/moneyfoward2209/index.html

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange