「ボトルtoボトル」で世界をリード 30年に自社排出量最大50%減の実現へ | 日本経済新聞 電子版広告特集

日本コカ・コーラは「容器の2030年ビジョン」を策定し、使用済みペットボトルから新たなペット容器へと再生を図る「ボトルtoボトル」の取り組みを進める。リサイクルペットボトルの導入拡大でCO2排出削減に取り組む。
— 読み進める ps.nikkei.com/tu/dc_cocacola2206/index.html

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange