「COP26セミナー採録」経済産業省|日本経済新聞 電子版特集

カーボンニュートラルを目指す動きが、東南アジア諸国連合(ASEAN)に広がってきた。経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、第26回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)のサイドイベントとして「JCMとCEFIAを通じたアジア地域のエネルギートランジションに貢献する日本のグリーンイノベーション」を開催。日本の脱炭素技術の海外展開を世界に向けて発信した。
— 読み進める ps.nikkei.com/meticop26/

コメントを残す