100年に1度の変革期はビッグチャンス新たなモビリティー社会に向けたサービス創出|日本経済新聞 電子版特集

100年に1度の変革期を迎えている自動車業界では、新しいプレーヤーが次々と登場し市場ニーズが激変している。この変化を積極的に事業に取り込むべく、2019年に「自動車材料事業部」を「モビリティソリューションズ事業部」へ名称変更した長瀬産業。商社ならではの広いフィールドを生かし、「モノ売り」から「コト売り」へと提供価値の変革を進めている。NAGASEグループが目指す新たなモビリティー社会とは――。長瀬産業執行役員モビリティソリューションズ事業部長の上島宏之氏と同事業部戦略企画室統括の川人幸一氏に、フリーアナウンサー八塩圭子氏が聞いた。
— 読み進める ps.nikkei.co.jp/nagase2020/vol5.html

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange