テクノロジーは止まる事がないですね。タブレット端末で患者を撮影して肩と肘の関節の可動域を測る。     治療の効果の評価や障害度合いの判定には関節の可動域の測定が必要。見るだけで。

www.nikkei.com/article/DGXZQODZ244I20U1A220C2000000/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange