5G、6Gが実現するスマートシティーを見据え、グループのシナジー生かすNAGASEグループ|日本経済新聞 電子版特集

化学系専門商社で売上高国内トップの長瀬産業。同社がいま注力する領域の一つが、高速通信規格「5G」、さらにその先の「6G」といった次世代情報通信関連事業だ。ケミカル素材を基盤として樹脂や半導体へと広がるフィールドの多様性、商社ならではの情報収集力、出資やM&A(合併・買収)により国内外で築いてきた技術ネットワーク――。こうした強みを生かした同社ならではの5G・6G戦略と、NAGASEグループの技術が貢献する近未来について紹介する。
— 読み進める ps.nikkei.co.jp/nagase2020/vol1.html

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange